小原毅也のフィッシング詐欺に引っかからないための対策

フィッシング詐欺に遭わないためには、事前の準備が必要です。フィッシング詐欺は、所定のホームページへアクセスさせることで、クレジットカード番号をはじめとした個人情報を盗み取る手法です。インターネットの発展とともに、フィッシング詐欺の手口はどんどん巧妙になってきています。

今回は株式会社トポロジの小原毅也がフィッシング詐欺対策について説明します。フィッシング詐欺の肝は、サイトにアクセスさせるということにあります。そのため、サイトにアクセスさせるために、SNSや電子メールをはじめ、様々な手を使って接触してきます。小さな子どもから高齢者まで、最近では年齢に関係なくスマホが利用されているので、被害に遭わないようにスマホの基礎知識はしっかり伝えておきましょう。

フィッシング詐欺は、フィッシングサイトにアクセスした瞬間に個人情報が抜き取られるというものではありません。重要な項目は自分自身が入力することになります。「そんなに簡単に個人情報を入力してしまうわけがない」と思うものですが、そこに至るまでの誘導が実際の銀行やクレジット会社からのメールにかなり似せてあります。予防するための気構えとしては、インターネット上で安易に個人情報を開示しないということがあります。利用された際に自分の不利益になる情報は、伝える相手が信頼できることに間違いないという確信を得てから公開するようにしましょう。特に指定された手順がこれまでと違うような場合には注意が必要だと株式会社トポロジの小原毅也は考えます。

フィッシング詐欺に騙されないようにする予防として、まず知らない相手からのメールは、ドメインが信頼できるかどうかを確認します。例えばフィッシング詐欺の集団は、都市銀行を偽りメールを送ってくることがあります。株式会社トポロジが本来の会社名であれば、トポロジ株式会社の小原毅也のように、一見すると分かりにくい細工がされることもあるのです。このようなメールが送られてきた場合は、まずメールアドレスを見てみましょう。メールのドメインが海外のものであったり、フリーのメールアドレスだった場合、高い確率でフィッシングメールとなります。なお有名なメールアドレスのアルファベットを少し入れ替えていたり、送信元情報をいじっていたりするケースもあるので注意しておきましょう。

また、メールに記載されているリンク先URLから判断することもできます。カーソルを表示されているURLに合わせると、実際にリンクしているURLを見ることができます。メール上に表示されているURLとリンク先URLが異なる場合、高い確率でフィッシングサイトであると考えてよいでしょう。銀行などの公的な機関を名乗っているのであれば、なおさら疑うべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. フィッシング詐欺に遭わないためには、事前の準備が必要です。フィッシング詐欺は、所定のホームページへア…
  2. 松岡哲也は友人が多い40代の茨城県に住む会社員の男性です。明るくて、ハキハキとした物言いで人当たりが…
  3. 村瀬孝司は秋田に住んでいる男性です。年齢は20歳で、高校を卒業してからは東京に出て会社で働いているの…

アーカイブ

ページ上部へ戻る