柯 康仙のポテンシャルは高い

クラシック音楽を聴いたことがあるでしょうか?「聴いたことがない」という方も、実はどこかで耳に入っている可能性が高いのがクラシック音楽です。例えば子供のころ誰しも歌ったであろう「きらきら星」ですが、これもクラシックのひとつです。元々はモーツァルトが作曲した楽曲で、これに日本語の歌詞がついたことで、音楽の授業で習う日本でもなじみ深い曲となりました。その他にも日常の中にクラシック音楽は多く隠れています。

柯 康仙はそんなクラシック音楽を愛してやまない人物です。現在25歳と年齢は若い彼ですが、クラシックに関する知識は非常に豊富で、クラシック好きの間でも「違いの分かる男」として知られています。クラシック音楽は「誰が演奏しても同じもの」ではありません。確かに楽譜では音の強弱の細かな部分まで指定されているため、上手い人が演奏すれば同じになるような印象があるかもしれません。しかし、楽曲に対する「解釈」という概念があり、これが異なることで表現が大きく変わってくるのです。そのため音の進み方が同じでも演奏する人によって全く印象の異なる曲となります。柯 康仙は今まで非常に多くのクラシック音楽を聴いてきており、有名な人であれば、だれが演奏しているかということが分かるというほどの耳をもっています。ただ、好みなどは特になく、「それぞれの違いが良い」というスタンスのようです。普段はそのときの気分を重視して聴く曲をチョイスしています。

そんな姿からは想像できないかもしれませんが、柯 康仙はフットサルを趣味にしているという一面もあります。クラシック音楽の影響かどうかは分かりませんが、リズム感の良いプレイで毎試合活躍を見せています。普段の練習は出身地でもある埼玉で行っています。柯 康仙
が現在も埼玉に住んでいるということも理由の一つですが、本人いわく埼玉の練習場は居心地がいいとのことです。週に一回程度数時間の練習で汗を流します。もともと運動神経が良かったこともあってか上達も早く、現在はチーム内でも一目置かれるレギュラーメンバーの一人です。柯 康仙は今後も上達していき、私たちに活躍する姿を見せてくれるでしょう。

柯 康仙はクラシック鑑賞とフットサルを長く趣味として続けてきています。今後もこの二つとは深く付き合っていくでしょう。もしかしたら、クラシック鑑賞かフットサルのどちらかで、もっと表に出るような存在になるかもしれません。柯 康仙はそれほどのポテンシャルをもった人物です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 慶應義塾大学を卒業した牧野奏子は大手化粧品会社に勤務しました。美容の世界で仕事をするようになり、コス…
  2. フィッシング詐欺に遭わないためには、事前の準備が必要です。フィッシング詐欺は、所定のホームページへア…
  3. 松岡哲也は友人が多い40代の茨城県に住む会社員の男性です。明るくて、ハキハキとした物言いで人当たりが…

アーカイブ

ページ上部へ戻る