エス&ケイ(株)の通信事業はトレサビリティ―システムで集団訴訟対策をしています

エス&ケイ(株)は和菓子製造を行っている会社とも取引があります。その会社は、創業100年以上になる歴史ある老舗です。地域に愛され地元では知名度もあり、メインの商品は創業以来ずっと愛され続けてきました。ここ数年は、インターネットの普及により今までの自社広告よりも、SNSなどで取り上げられた商品名や会社名が全国にまで広がってきています。毎年のように東京や他県の百貨店で行われる地域物産展に呼ばれており、不特定多数の人に商品を試食してもらえることで知名度が上がるメリットがあります。一度口にするとこだわりのあんこのおいしさを感じてもらうことができます。小豆の品種や産地にこだわり、あんこは今でも職人の手作業で丁寧に作られています。また、数年前に社長が創業家出身の若い方にかわったこともあって、伝統の継承だけでなく新しいことにもチャレンジしています。和菓子でありながら洋菓子とのコラボレーションであったり、他業種との融合商品を手掛けたりと益々アグレッシブに企業戦略を推し進めています。

食品業界では、過去にあった産地偽装問題や集団食中毒事件などで消費者の目がよりいっそう厳しくなっています。日本において消費者による集団訴訟事件はあまり起こっていませんが、エス&ケイ(株)は集団訴訟対策もしっかり講じています。それは商品の追跡管理です。トレサビリティ―システムと呼ばれているもので、1個1個の商品に管理番号を付け、それがいつ製造されたのか、どこへ出荷されたかなどその他原材料の仕入日や産地などの情報もすべて紐づけするシステムです。このシステムのおかげで、商品に何らかの不具合が起きた場合、その商品の情報を調べることによって、他に回収すべき商品を特定することができます。このシステムを導入する前は人海戦術で小売店を1件1件回らなければなりませんでした。回収範囲も特定できなかったため、本来回収しなくても良い商品まで回収しなければなりませんでした。それが範囲を狭められただけでなく、時間も劇的に短縮できるようになりました。現在このシステムはたくさんの企業に利用されています。

エス&ケイ(株)では食品製造会社にとって一番大事な品質管理を最重要事項としてしっかり行うことによって、集団訴訟対策につなげています。一人一人のお客様の安心安全をしっかり守ることによって、集団訴訟につながるかもしれない芽を未然に防いでいるのです。一度でも集団訴訟を起こされれば、会社存続の危機を招くのは目に見えています。訴訟を起こされた事実によって会社の信頼が落ち、100年以上も守り続けた商品のブランドを失わないようにすることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ■農業男子、吉田泰昌です!!ちょっと...ゆっくりと自分語りをしたいと思いこんなページを作ってみまし…
  2. エス&ケイ(株)は和菓子製造を行っている会社とも取引があります。その会社は、創業100年以上になる歴…
  3. 体の内側から美しくなるような烏丸 エステを利用して、素敵なあなたらしいスタイルをキープしてみませんか…
ページ上部へ戻る